シンガポール研修5日目(2019年8月1日)

本日はいよいよ現地校訪問となります。
みんな制服に着替えて、いつもより少し早い出発です。

今回訪問した学校はFajar Secondary Schoolと呼ばれる公立の学校となります。

学校に到着して、まずは学校スタッフからオリエンテーションが行われました。
こちらの学校に通っている日本人生徒が通訳に入っていただきました。

Fajar Secondary schoolは1994年に設立された新しい学校です。
これまでも他の国からの受け入れ実績があるようで、昨年は香港の学校の受け入れをされたようです。
日本に興味を持っている生徒も多いようです。

さて、オリエンテーション後に、2グループに分かれてクラスへ入ります。
みんな少し緊張気味です^^

自己紹介をした後、スクールバディーの隣に座り、早速に実際の授業に参加をしました。
国語(English)、理科、数学、マレー語などのレッスンを受けました。
少しずつ笑顔が見られ、バディーと頑張ってコミュニケーションをとっている姿が見られます^^

途中の休憩(Recess)の時には、すっかり打ち解けていて、写真を撮ったり、連絡先の交換などをしていました^^
子供たちにとって、国や文化の違いだったり、言葉の壁というものは関係ないんだなと改めて感じました!
大事なのはお互いを受け入れて、お互いのことを知ろうという気持ちなんですね。

スポーツで交流をしている姿も見られました^^

さて、午後からはシンガポール国立大学(NUS)でのキャンパスツアーです。
NUSは世界的に名門の大学で、アジアの大学ランキングではトップの大学です。


今回のキャンパスツアーではNUSの大学生2名が案内してくださいました。
お二人は日本語を学んでおり、日本語でツアーを行っていただきました。

今回は、学生寮、カフェテリア、フォードコート、Book storeなど
U Townと呼ばれる学生の生活施設の集まったエリアを見学しました。

Book Storeでお買い物もしました。

その後は、2グループに分かれてのQ&Aタイムです。

NUS内で夕食をとったあとは、ホテルに戻りました。
シンガポール研修も残り3日間となりました。
「シンガポールにまだ残りたい」「楽しい時間もあと少しで終わりなのが寂しい」という声が聞こえてきています。

明日はいよいよホストファミリーとのご対面の日になります。
みんな、ちょっと緊張してきたかな?それとも楽しみかな?

それでは、See you tomorrow!!